音楽する心を育てる

プロフィール

ヴァイオリン講師 プロフィール

千葉 栄子(Violinist)

 国立音楽大学器楽科(ヴァイオリン)卒業。在学中、弦楽部会(教授会)の推薦者による学内演奏会に出演。国立音楽大学同調会千葉県支部演奏会に出演。
 卒業後、スイス・レンク夏期国際音楽セミナー、イギリス・ウィンダミア国際音楽祭マスターコース及び室内楽コース、草津国際音楽祭等、国内外の音楽祭、マスタークラスで研鑽を積む。
 これまで数々の新人推薦演奏会に出演し、NHK-BSのミニ番組でソロ演奏を担当する等、ソロ、室内楽、オーケストラで演奏活動を行っている。
 2000年から2007年まで県立千葉女子高等学校のオーケストラ講師としてオーケストラ指導・弦楽合奏指導を行う。ほかにもアマチュアの合奏団の指導者として活動。技術のみの指導に留まらず、アンサンブルに必要な表現力を引き出し、音楽と人とを大切にする温かさを持った誠実な指導は評価が高い。
 現在、県立津田沼高等学校音楽コース非常勤講師として、ヴァイオリン、弦楽合奏のクラスを担当。同校ではソルフェージュ指導にも携わり、その経験を活かして最先端のソルフェージュ教育(=フォルマシオンミュジカル)の理念をヴァイオリン指導に取り入れるなど、指導法の研究にも余念がない。個人指導では、10年以上のお付き合いとなる生徒も多数。
 これまでに故遠藤雅古、ヴァイオリンを山岡耕筰、石橋洋子、小野耕之補、室内楽を大関博明の各氏に師事。
 2016年、ヴァイオリンとヴィオラの二重奏CD「シャコンヌ」をリリース。

ヴィオラ講師 プロフィール

水野 基子(Violist)

 16歳よりヴィオラを始め、洗足学園大学音楽学部ヴィオラ専攻を首席で卒業。第8回厚木青少年音楽コンクールで奨励賞受賞。武蔵野音大インターナショナルサマースクールにて選抜受講生による修了演奏会出演。ザルツブルクをはじめ国内外の音楽祭、マスターコースに出演・参加し積極的に研鑽を積む。これまでに広島交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、ラスカ祝祭管弦楽団の演奏会に出演するなど、国内のプロオーケストラ、室内楽、レコーディング、TVCMなどで演奏活動を行う。アマチュアオーケストラや弦楽アンサンブルの指導も数多く行うほか、ヴィオラの魅力をさまざまな形で広める試みにも意欲的に取り組んでいる。
 これまでにヴィオラを堀江和生、岡田伸夫、故ウルリッヒ・コッホ、ガーフィールド・ジャクソン、小野耕之補の各氏に師事。室内楽をヴァルター・ノータス氏、パノハ四重奏団に師事。
 2016年、ヴァイオリンとヴィオラの二重奏CD「シャコンヌ」をリリース。